リボ払いよりカードローンの方が低金利で支払うことが出来る

最近は、ネットでショッピングを楽しまれている方がとても多くなりました。ネットショッピングでは、決済方法をクレジットカード払いを選ばれている方が多いでしょう。代引きやコンビニ決済では「手数料」が掛かるのに引替え、クレジットカードは手数料も掛からず、商品を選んだその場で決済が完結するのが便利な点です。

また最近では、クレジットカードを「リボ払い専用カード」として登録している方も多くなりました。これは、全てのショッピング利用が全てリボ払いとなるもので、例え1回払いしか受付ていないショップでも、決済を済ませれば実際にはリボ払いで処理されるという便利なシステムです。

しかしここで注意したいのが、リボ払いには手数料という名の金利に相当するものが発生しているということ。その利率は一般的なクレジットカードでは15%前後で設定されているものですが、これは貸金業法の利息制限18%に近い高い利率となっています。利用残高が少ないうちはなかなか気づかないことも多いのですが、残高が増えるにつれて手数料に相当する金額がどんどん大きくなっていきます。「毎月支払っているのになかなか残高が減らない…」と実感されることも少なくないでしょう。やはり手数料という名の金利相当分の影響は大きなものとなります。

そこで検討に値するのが、クレジットカードの利用残高を消費者金融や銀行のカードローンへ置き換えるというもの。新たに申込みが必要とはなりますが、昨今の貸金業界は競争が激しく、低金利で高限度額な商品が多くなっています。特に銀行カードローンの場合には、200~300万円ほどの限度額の申込みに対しては収入証明を不要としているケースも多く、カードローンの申込みの壁が低くなっているのも多くのユーザーを後押ししているのも事実です。

最近のカードローンは、安定した収入があり個人信用にも問題がないケースでは、金利も年1桁台という設定で審査されることも少なくありません。金利7.5%などの低金利を得られれば、クレジットカードのリボ払い手数料の半分の利息相当額で、毎月の支払いを進めることが可能となるのです。この差は、利用して初めて分かるものかもしれません。逆に、最初からクレジットカードのリボ払いでショッピングするのではなく、カードローンで必要金額をキャッシングして充てるという方法も考えて良いかもしれません。

同じショッピングをするにしても、支払う総額を如何に減らすことが出来るのかを真剣に考えてみるのも良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ