リボ払いよりカードローンの方が低金利で支払うことが出来る

最近は、ネットでショッピングを楽しまれている方がとても多くなりました。ネットショッピングでは、決済方法をクレジットカード払いを選ばれている方が多いでしょう。代引きやコンビニ決済では「手数料」が掛かるのに引替え、クレジットカードは手数料も掛からず、商品を選んだその場で決済が完結するのが便利な点です。

また最近では、クレジットカードを「リボ払い専用カード」として登録している方も多くなりました。これは、全てのショッピング利用が全てリボ払いとなるもので、例え1回払いしか受付ていないショップでも、決済を済ませれば実際にはリボ払いで処理されるという便利なシステムです。

しかしここで注意したいのが、リボ払いには手数料という名の金利に相当するものが発生しているということ。その利率は一般的なクレジットカードでは15%前後で設定されているものですが、これは貸金業法の利息制限18%に近い高い利率となっています。利用残高が少ないうちはなかなか気づかないことも多いのですが、残高が増えるにつれて手数料に相当する金額がどんどん大きくなっていきます。「毎月支払っているのになかなか残高が減らない…」と実感されることも少なくないでしょう。やはり手数料という名の金利相当分の影響は大きなものとなります。

そこで検討に値するのが、クレジットカードの利用残高を消費者金融や銀行のカードローンへ置き換えるというもの。新たに申込みが必要とはなりますが、昨今の貸金業界は競争が激しく、低金利で高限度額な商品が多くなっています。特に銀行カードローンの場合には、200~300万円ほどの限度額の申込みに対しては収入証明を不要としているケースも多く、カードローンの申込みの壁が低くなっているのも多くのユーザーを後押ししているのも事実です。

最近のカードローンは、安定した収入があり個人信用にも問題がないケースでは、金利も年1桁台という設定で審査されることも少なくありません。金利7.5%などの低金利を得られれば、クレジットカードのリボ払い手数料の半分の利息相当額で、毎月の支払いを進めることが可能となるのです。この差は、利用して初めて分かるものかもしれません。逆に、最初からクレジットカードのリボ払いでショッピングするのではなく、カードローンで必要金額をキャッシングして充てるという方法も考えて良いかもしれません。

同じショッピングをするにしても、支払う総額を如何に減らすことが出来るのかを真剣に考えてみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

    銀行おまとめローン

    銀行のおまとめローンには、東京スター銀行のように、おまとめローン専門でやっているところもあれば、通常のローンをおまとめローンに使ってもOKとしているところがあります。 銀行は総量規制の対象外なのでおまとめローンと通常のローンの区別は基本的に無いのですが、おまとめローンが目的であればその旨... 記事を読む

    貸金業法に基づくおまとめローン

    「貸金業法に基づくおまとめローン」とは、「完済」することだけを目的にしたおまとめローンです。返済対象が「消費者金融」の債務だけということになりますが、完済するまで他社を含めて追加融資はできない状態になりますので意志の弱い人でも甘い誘惑に負ける心配がありません。本気で借金をゼロにしたい人向けです... 記事を読む

    おまとめローンの注意点

    おまとめローンを申し込む場合、それまであった複数の借入を一社にまとめるわけですから、できるだけ金利の低い金融機関でまとめることが一番大切です。万が一、金利の高い金融機関で一本化してしまったら、逆に総支払額が高くなっておまとめローンを利用するメリットが減ってしまいます。そのため、出来るだけ金利の... 記事を読む

    おまとめローンの審査基準

    おまとめローンは、複数の借金を持っている人を対象にしているため、一般のローンよりも返済能力を厳しく見られます。 特に、過去に延滞があった場合にはおまとめローンとはいえ借入はかなり難しくなってきます。 金融機関は過去に延滞のあった人への融資を極端に嫌います。1ヶ月延滞すれば翌月には2... 記事を読む

    おまとめローンのメリットとデメリット

    おまとめローンの一番のメリットは、複数の借入を低金利のおまとめローンに1本化することで、毎月の支払金額を少なくすることができるという点です。完済するまでの総支払金額を計算してみると、おまとめローンを利用した場合の払い込み金額の方が少なくなります。 また、借入が複数になってくると、どれがい... 記事を読む

    おまとめローンで返済計画を見直すポイント

    複数のローンを抱えていれば、当然負担も重くなってきますが、買い物などで商品を購入するために計画的ローンを組むこともあります。こういう場合には、借金をしたと感じる人は少ないと思いますが、買いたいけれどもお金がないという理由でローンを組んだ場合には、借金をしたと考える方がいいでしょう。 この... 記事を読む

    急いで借りたい時は試しに電話で相談してみると良い

    借りる為の商品は、しばしばスピードが重視されます。特に冠婚葬祭などでお金を借りたい時は、その傾向が顕著です。葬式があるので、急いで借りたいと思う事もあるでしょう。 そういう時にキャッシングを利用する際には、色々とコツがあります。例えば、自動契約機などはよく利用されるのです。カードの発行が... 記事を読む

    高額な買い物はクレジットカードのリボ払いよりカードローン

    大型テレビや冷蔵庫など高額商品を購入する際に、クレジットカードを利用される方も多いと思います。1回払いやボーナス一括払いなどなら、金利も掛からずクレジットカードによっては更にポイントが付いてお得に購入出来るので便利だとものだと思います。また、クレジットカードの支払い方法には「リボ払い」がありま... 記事を読む

このページの先頭へ