おまとめローンの注意点

おまとめローンを申し込む場合、それまであった複数の借入を一社にまとめるわけですから、できるだけ金利の低い金融機関でまとめることが一番大切です。万が一、金利の高い金融機関で一本化してしまったら、逆に総支払額が高くなっておまとめローンを利用するメリットが減ってしまいます。そのため、出来るだけ金利の低い金融機関を選んで申し込むことが大切です。

金利の他に、返済期間をチェックすることも必要です。毎月の返済額を少なくすれば返済は楽になりますが、返済期間が長くなるのでその分利息が増えていきます。あまりぎりぎりで返済額を設定するのも問題ですが、毎月の返済額を減らしすぎると元本がなかなか減らず利息が増える為、結果として総支払金額が増えてしまいます。

ただ、総支払額が増えても毎月の返済が滞らないことの方が大切なので、総支払額が増えても仕方ないと考えるのも1つの判断です。

このあたりを考えながら無理のない計画的な返済プランを立てることが大切です。金利が安いからと返済期間の長い契約をしては、その分、支払う金利も多くなってしまいます。月々の支払金額と返済期間のバランスのよいものを選ぶようにすることが大切です。

また、借金を1本にまとめると、借入社数が減るのでまた別の借金をしやすくなってしまいます。逆に借金がゼロになった消費者金融から「また借りませんか」とお誘いが来ることもあります。そういった誘いにも乗ってはいけません。いまの借金が完済するまでは絶対に他社から新たな借金をしないよう注意しましょう!

このページの先頭へ