おまとめローンで借金を完済したい、又はいま月々払っている返済が大変なので返済額を減らしたい。金利が高いところで借りているので金利を下げたいと、おまとめローンへの期待はさまざま。でも、どこに相談したらいいか、どこに申し込んだらいいか分からない人も多いみたいですね。

ここでは安心して申し込める「おまとめローン」を紹介しています。ここで紹介している以外にもいろいろあることはありますが、中小金融は詐欺まがいの会社もあるのでよく調べてくださいね。

おまとめローンのやり方は3つある

おまとめローンの相談や申込は大きく分けて3つあります。
いまどこで借りている借金をまとめたいのかによって相談先が変わってきます。

方法1.いま借りている金融機関に相談

いま借りている金融機関が数社あったとして、その中で一番金利が低い1社に「他社の借金も御社に一本化したい」と相談しましょう。これまでその会社に延滞が無く返済実績が良ければ、追加融資を受けることができ、それで他社の返済をしておまとめができます。

借金をまとめると金額が高くなりますが、金利は一般的には銀行の方が低いので銀行から借りているのであれば銀行に相談するのがいいでしょう。


方法2. 消費者金融のおまとめローンに申し込む
消費者金融では「貸金業法に基づくおまとめローン」という商品があります。貸金業法に基づくおまとめローンは、他社の消費者金融の借金をまとめることができる商品です(銀行やクレジットなど消費者金融以外の借金はまとめられません)。

貸金業法に基づくおまとめローンの特徴は、完済するまで他社を含めて追加融資は受けられず返済に徹した融資ということです。なので借金が減ってくるとつい追加で借りてしまうという意志の弱い人でも確実に借金を減らしていくことができます。また、他社への返済は申し込んだ金融機関が直接返済してくれるので他の用途にお金を使ってしまうという心配もありません。

貸金業法に基づくおまとめローン一覧


方法3. 銀行ローンでまとめる
銀行ローンは貸金業法とは無関係なので、消費者金融よりも大きな融資枠と低い金利で借りることができます。また、他社の銀行ローンだけでなく消費者金融やクレジットなどの借金も一緒にまとめることができるのも特徴です。

おまとめ専用のローンという商品を出している銀行もありますが、通常は使途自由なフリーローンとして審査されますので、そういう銀行には「おまとめローンとして使いたい」という意志をしっかり伝えた方がいいです。

でないと、「複数の消費者金融に借金があるのに更にお金を借りたい人」と思われ審査に通らない可能性が高くなります。それに、貸金業法に基づくおまとめローンのように直接消費者金融に返済してくれませんので、一旦あなたの手元に大金が渡ります。魔がさして別の事に使わないように真っ先に消費者金融に全額返済しましょう。

銀行のおまとめローン一覧


おまとめローンで注意したいこと

おまとめローンを申し込む際に1つ大事なことがあります。それは、おまとめしても返済が軽減されなければ意味がないということです。例えば、いま割と低い金利で融資を受けている場合は、おまとめローンの方が金利が高くなるケースも考えられます。おまとめした方が金利が高くなっては意味がありませんので、もし金利が高い場合は交渉してましょう。

このページの先頭へ